『バグる』~パターンのおさらい編~

バグる!でおなじみ?の安田ヒロキです。

足がハマって抜けない、でおなじみの、か?笑


【バグる】パターンが公開されて数日、その反響は大きく、動画を見た方が続々とバグラチオンを使ってバグってくれている。

BOXには入っていたけどあまり使ったことがなかったルアーがいきなり一軍になったという声があったり、釣具屋さんに買いに行ってくれたという報告も多く、お店からの注文も入っている様子。大変ありがたいですね!

 

IMG_5131_20190303202555aba.jpg



APIAアンバサダー内でもバグるが流行る?◆

APIAアンバサダーのLINEグループ内でもバグるが話題になり、早速高倉さんや大津さんが使用してくれています。


IMG_5176.jpg 

IMG_5178.jpg


IMG_5179.jpg


というか大津さんの魚がデカすぎてビビりましたわ。。

大津さんも自分の切り札的パターンをやって釣れなかったのにバグったら数投で釣れたとびっくりしていました。地元での自己記録サイズだそうです。

 

そうなんですよね、何やっても食わなかったのにバグったら数投で釣れちゃう、という事があるんです。

 

 



さて、皆様動画は見ていただきましたでしょうか?

今一度バグラチオンを使った【バグる】パターンのおさらいをしようと思います。

 


IMG_0986.jpg



◆【バグる】とはどんな使い方か?◆

バグラチオンで明暗の境目を並行に巻く釣り方。です。

 

それだけ?そう、それだけなんです。

 

大事なことなのでもう一度言います。明暗の境目をバグラチオンで並行にただ巻くだけのパターンです。

 

河川明暗の釣りといえばドリフトの釣り。今では一般的になったドリフトの釣りも釣れる魚の幅が広がったパターン。その他にもジョイントルアーのジャークやスイムベイト、トップの釣りなど、明暗の攻め方は幅広い。が、その釣りで反応がなかった時にバグる。

釣れないな、まだ魚居るかな?というときの最後の切り札がバグる。(いきなりバグるというよりはローテーションの切り札として投げることがおすすめ。いきなり投げても釣れるが、スローに釣れる魚はスローに釣ってからにしよう!)

 


ORG_DSC07781_201903032024545fb.jpg



◆明暗を平行に巻く◆

このような河川明暗のフィールドは全国どこにでもあるシチュエーションだと思います。散々攻めまくったポイントで最後の切り札はみなさん何をしているでしょうか?

バイブレーションのリフト&フォールやボトムを攻めるなど、いろいろあると思います。

僕も今までは上記のような事をしていました。

 

魚の頭の向きやついている位置がわかりやすい明暗。その魚の目の前を巻いてくる。これがバグるパターンなんです。

 



◆ティップがバタバタするくらいしっかり巻く◆

動画で見ていただいた方は思っているより早巻きだったと思う。ティップがバタバタとし、巻いている抵抗もバタバタとしっかりと動いている感覚がわかる程。

バグラチオンの幅広リップによる強い波動と、側面フラットサイドの反射で誘う。リアクションで食う。それがバグラチオンを使うキモ。他のルアーにはない強い水押しとフラッシングが強烈に効くのである。

もちろんベストなリトリーブスピードはあり、回収するほどの速さでは食わないが、動画の巻き速度を参考にしていただくとわかりやすいかと思う。

 

IMG_5020_20190303202410759.jpg


◆カラーローテーション◆

明暗の境の同じところを通すこのパターン。カラーの差で食う食わないが意外にもある。基本的には、ゴールド、シルバー、パールの3種類を用意すると安心。ちなみにロケの日は動画内でも話しているが、ゴールドが強かった。もちろんシルバーやパール、クリアも投げている。

 

さて、上記が【バグり方】のおさらいとなるが、このブログを見ていただいてから今一度動画で復習することで、あなたも【バグる】パターンで必ずシーバスを釣ることができると思う。

あきらめずに最後にバグることで、今までアタリすら無かったポイントから強烈なバイトを引き出せるかもしれない。



関連記事
ホーム