日本の真ん中から初めまして!

こんにちは!そして皆さん初めまして!
アンバサダーの大津昂彦(おおつたかひこ)です。

このブログでは初登板となりますので
『こいつ誰やねん?!クワッ』
ってなった方が多いと思いますので簡単に自己紹介を!

1990年生まれの平成初号機!日本の真ん中愛知県豊明市在住。
近県の静岡県や三重県を含め中部エリアで幅広く釣りしてます。

シーバス釣りを始めたの10年ほど前になるのかな??
当時はバス釣りにハマり琵琶湖に通う日々を送っていたのですが、
ふと本屋で目にとまった雑誌にデッカいシーバスが!

これは釣ってみたい!

といっても簡単に釣れるわけもなく・・・。
バスタックルを叩き売り、十数回ボーズをくらったあとの
60cmの初シーバスに嬉しくて発狂しそうになったのを今でもよく覚えています(クスクス)


週末·休みはほぼほぼ地元愛知県にはいません。
そう。毎週遠征しているからです。
そんな遠征生活のきっかけをくれたのがこのお二方↓ 20190712084939d5e.jpg 20190712084005a98.jpg 皆さんご存知のプロスタッフの濱本さん北添さんです。

雑誌やブログで見たお二方のメーターシーバスに度肝をぬかれ・・・
『フムフム…タイリクスズキね!こりゃ行ったほうが近道だ!』と。

そして超単純でお馬鹿な思考回路の僕は遠征を繰り返すようになったわけです!
そう!僕が月に30マン円もガソリンを焚いてアチコチ駆け巡るようなボンクラになったのは、
平たくいうとお二方のせいなのです(クスクス)

そして、鬼のような遠征を繰り返し、ついにシーバスの女神様が微笑んでくれたのか呆れて根負けしたのかはわかりませんがメータータイリクスズキをキャッチ!(歓喜) タイリク 112cmのタイリクスズキ

この頃からから濱本さんや北添さんとは仲良くさせていただいており、
釣った直後に濱本さんが『おめでとう!!』と電話をくれことがとても嬉しかったです。

このように遠征というのは自分の地元エリアではなかなか出会うことのできない魚と出会うチャンスがあるのと同時に、現地の方と仲良くなったり釣り人の輪が広がるのも魅力の1つですよね~♪

遠征ばかりで中部では釣りしてないの?と思われがちですが平日やあまり遠出できないときは地元愛知や静岡・三重などの河川をランガンしたり、条件が整えば磯へヒラスズキなんかも行っております。

得意な釣りは小規模河川のランガン。
超せっかちな性格の為、数投で結果がでるような小場所を数十ヶ所回る釣りの為、必然的に小型プラグやバイブレーションと言ったルアーをよく使います。 20190712103801146.jpg 中でも『DOVER82S』は出番が多く、82mmのシルエットで足場の高い所でも浮き上がりにくい長めのリップ・シンキング設定で壁打ちや、ちょっとしたインレット打ち、ボトムノックなどに使用しています。

20190712103812ccb.jpg プロスタッフ内田さん監修の『UPRIZING59』

プラグに出きらない場面やマイクロベイト補食時などに!
比較的低速リトリーブでも手元に波動が伝わる為バイブレーションながらマイクロベイトレンジな表層を攻めやすいです 。

お次はロックショアなヒラスズキ!
愛知県ではヒラスズキはなかなか釣れませんが、幸いお隣の静岡県や三重県には伊豆半島や紀伊半島といった有名どころがあるので少しでも時間とタイミングがあえば地元感覚で行っちゃいます(クスクス) 20190712103812673.jpg

今年の春シーズン後半からヒラスズキ導入した『ActivePerformanceVest』以下APベスト 201907121038133de.jpg
以前はウエストバッグを使用していました。
ルアーBOXやフィッシュグリップなど同じものをAPベストに装備してますが、体にぴったりフィットする為か、やたらと軽く感じます!

磯ランガンの際にこの軽さは本当に助かりますよー!

おっと、簡単な自己紹介といっておいてかなり長くなってしまいましたねw

これからも全国各地のフィールドに足を運びたいと思っておりますので、現場で僕を見かけた際は石を投げたりせずに優しく声をかけてあげてください(クスクス)
関連記事
ホーム