【Zstage(ゼータステージ)関東 無事、閉幕!】Game result.

秋涼の候、といえばそれらしい感じもしますが、ウェイイン当日は盛夏のような強い日差しのもと、開催されることとなりました。

The 天王山、聖地・東京

Zstage 第5戦の地はこのZstageという企画自体の天王山ともなる東京。
大会参加者も70有余名というシーバスの聖地にふさわしい激戦が繰り広げられることに…。
また、今大会においては、撮影班がプロスタッフ・村岡昌憲に密着。
バトル無敗を公言して憚らない湾奥のカリスマが如何なるゲームプランを組み立てていたのかもAPIA TVにて今月中旬頃、配信予定です。

悲喜こもごもの好機とドラマ-Result

同日、同じく旧江戸川で開催されていたWSSさんの技術交流会もなかなかに厳しい展開と聞き及んでいましたので、どうなることやら…と思いながら会場設営に臨んだわけですが、開幕戦から代表・宇津木とともにこのZstage全戦の運営に携わってきて、本大会において特徴的だったのはウェイイン帰着申請時間ギリギリに訪れる参加者の方が多く、あきらめの悪い試合運びをされる方(失礼!)及び、かなりの遠征を組み込んでいた方が多かったということ。
S__11624504.jpg

さて、気になる結果について発表してまいります。

第5位 大津昴彦(アピアアンバサダー)79cm

前々日まで南の島の磯の上でGTを追いかけていた大津君(愛知県在住)。
参加の意思表明は聞いていたけどホントに来るとは思わなかったが、これまたウェイインまでの道程を考慮すればギリギリのタイミングでの、しかもらしい釣りでのキャッチ。
なかなかお見事でした。
5位 大津 79cm

第4位 安田ヒロキ(アピアアンバサダー)79cm

*大津君と同寸ですが、キャッチ時間の早い方が上位というルールに基づき4位となりました。

ホームフィールドともいえる関東での開催に一方ならぬ思いで臨んだヒロキくん。
地元河川での釣りにこだわり、バグる!メソッドとパンチラインマッスル95を駆使して、良型をキャッチ。
アンバサダーとしての面目躍如を果たしました。
4位 ヒロキ 79cm

第3位 小田 竜 様 80cm

村岡さんのブランド・BLUEBLUE社員でもある小田様。

なんと、秋田県米代川までの弾丸ロングドライブをこなし、このZstageの真骨頂でもある「どこで釣っても構いません!」を体現する見事なプランで堂々の3位入賞を果たしました!

3位 小田さん 80cm

第2位 大知里 荘介 様 80cm 

*3位の小田様と同寸ですが、キャッチ時間の早い方が上位というルールに基づき第2位となりました。

アピア社員で知らない人間がいないくらいの大知里さん。

今回は都内から足を伸ばして釣友の皆さんと涸沼へエントリー。
スタウトハートにミラクルワークス・ドカポップというシヴいコンボでランカーをキャッチされていました。
2位 大知里 80cm

第1位 城代 和則 様 82cm

写真でお気づきの方も少なからずいらっしゃると思いますが、なんと会場前の急江戸川でのキャッチ!

Foojin'AD 96M エンゼルシューターをご愛顧いただいており、なおかつ、この魚がパーソナルベストで優勝という記録と記憶に残る釣りとなったことと思います。

1位 城代さん 82cm


本大会ではウェイイン前にヒロキくんのバグる!メソッドセミナーや、
村岡さんによるキャスティング講座なども開催。
S__11624498.jpg

そして、参加者の方々のレバたら話を一緒に楽しませていただいたり、笑いの絶えない盛会となりました。
S__11624494_20191001191020ef0.jpg

当該大会の運営に携わられた方をはじめ、凡ての参加者のみなさま、本当にありがとうございました!
S__11624496.jpg


messageImage_1570614341758.jpgmessageImage_1570614566982.jpgmessageImage_1570614579763.jpg


次回は10月下旬、東海ステージです。

皆さんのご参加&挑戦をお待ちしております!

S__11624503_20191001191302118.jpg

関連記事
ホーム