【Zstage(ゼータステージ)東海】無事、閉幕!!

Zstage2019も残り3戦となりましたが、10月下旬、シーバス最盛期を迎え、
当日は私達もどんな戦いが繰り広げられているのか楽しみに現地入りしました。

降雨の功罪?

少し早めに現場に着いたのでお世話になっている取引先様へご挨拶にお伺いしたのですが、ここしばらく続いた降雨の影響で濁りとベイトの動きを見失われた方も多い とのこと。
何となく不安も抱えながらとりあえず現地にて設営を済ませる頃には、おなじみの方々も徐々に来場されてきました。
S__12337159.jpg

13時になり、ウェイイン受付開始…すると、なんとなくの不安がやや現実味を帯びてきました。
早い段階で帰着申請を済まされる方々が軒並みNF申告。
口々に「何もなかった…。」という声が聞こえ漏れてきます。

一方で、かなりの数を近隣でキャッチしている方や、だいぶ足を伸ばされている参加者がいらっしゃるという情報も入って来る中、試投会もアンバサダー・内田&大津によるシーバストークなども挟んでいよいよ表彰式の運びとなりました。
Zstage東海_191028_0011

Game Result

結果から言えば、ウェイインは9名。
そして、気になるその内容はというと…

第5位 山本 純 様 75cm
地元・衣浦エリアでグッドサイズを持ち込まれたのは山本様。
4位・大津くんと同寸でしたが、キャッチ時刻によって第5位となりました。
山本

第4位 大津昴彦(APIA) 75cm
アピアアンバサダー・大津昴彦が東京大会に続き、堂々の第4位に入賞。
得意の小規模河川へのアプローチで75-65cmクラスを10本キャッチ、ティンバーフラッシュでバラしてしまった魚が悔やまれる とのことでした。
この魚はDOVER99Fでキャッチ。
大津

第3位 池村 友希 様 78cm
池村様も地元・矢作川での釣果。
ハッサク工房・尺八ミノーというチョイスが奏功したナイスコンディションの魚をキャッチ。堂々の3位入賞でした。
池村

第2位 石川 健吾 様 79cm
スタートから明け方までロッドを振り続けたという地元の新鋭・石川様が堂々の第2位。
ルアーは弊社/LUCK-V ゴーストでの釣果。ロッドもFojin'AD 96Mとのこと。
石川

そして映えあるZstage2019 東海大会の覇者は…

第1位 上田 ケンジ 様 83cm
ここ数日の様子から、地元・愛知県から福井県・九頭竜川まで足を伸ばし、ボラを捕食する大型の個体に狙いを絞った展開で見事グッドサイズを手中に収めました。
ヒットルアーはラムタラバデル130だそうです。
上田
Zstage東海_191028_0003

messageImage_1572251638605.jpg

上位入賞者の面々。
Zstage東海_191028_0001
Z stage 2019東海バトルも無事閉幕することができました。出場選手42名のみなさま本当にお疲れ様でした。そして試投会にご参加くださった皆様も、ありがとうございました。
S__9109527.jpg
数日前に降った大雨が昨年と比べてもやや低調気味だった地元の釣りをさらに難しくしたようでしたが、それでもランカークラスのウェイインもあり、終わってみればなかなかにハイレベルな大会だったと思います。

次戦よりいよいよ九州2連戦!
どんなランカーが飛び出すのか、私達も楽しみです。


関連記事
ホーム