バイブレーションを使ってのアフターシーバス攻略

こんにちは、広報兼アンバサダーの中井です!
温かい日が来たと思えばまた真冬に気温に逆戻り。。。

皆様体調は大丈夫でしょうか?


今回ご紹介するのは真冬の河川でのアフターシーバス攻略パターンです!

毎年2月の中旬頃の上げ潮が大きいタイミングで産卵を終えた

アフターシーバスが海から遡上してきます。

個体数は年によってバラバラですが今年もやっと入ってきました♪

まず自分のこの時期に使うルアーBOXをご紹介!
image0ブログ1


まあ見ての通りほぼバイブレーション!
後は気持ち程度にチョロチョロっと、、、(笑)



まだまだ水温は低く満潮の前後もしくはよっぽど良いベイトが入るなど
ごく限られたタイミングでしか魚は浮かず
基本ボトム周辺を攻める釣りになる為このようなBOXになっちゃいます!
正直この3種類のバイブレーションがあればなんとかなります(笑)
この時期自分のホームエリアでメインベイトとなるのが甲殻類で特に人間の指の爪くらいの
エビを好んで捕食しているケースが多く出来るだけシルエットは小さく、効率良くボトムを探れる
バイブレーションがメインになります。

攻め方としてはまず、流れて来るエビを意識しつつ、ボトムへ流していきます!
ボトムまで着底させたら、そこから2回ほど跳ね上げさせ再びボトムまで落とす。
基本的にはこの動作の繰り返しになるが
ここで注意しないといけないのは

・必ずテンションフォールで落としていくこと。
・跳ね上げさせた後のフォールで毎回着底したのを感じ、なるべくボトムからルアーを離さないこと。

この2つがかなり重要になります。

ほぼ100%と言っていいほど、このフォール中にバイトがでます。
なのでこのテンションフォール中に全神経を集中させて下さい(笑)


~軸となる先発はUPRIZING~
 

自分はよっぽど流速が速くない限り、ここから始めます!
UPRIZINGのロッドアクションに追従するレスポンスの良さ、フォールスピードが
一番このパターンには効きます。

それらの攻め方が合うとハイシーズンのような激しいバイトがでて
image0ブログ6

シーズンオフといわれる真冬でもしっかりと魚を安定してだすことができます!


ただ、ボトムを感じ取れればいいという訳ではなくフォールスピードもかなり重要になってきます。
速すぎても食わないし、ルアーを軽くして遅くしてもボトムタッチが難しいといった問題が発生してきます。
そこで流速の速さと水深の関係で攻めづらい所をLUCK-V GHOSTとbit-12で
カバーするのが自分のスタイルです! 

ローテーションする順番としては

UPRIZING→LUCK-V GOHST→bit-v12  

UPRRIZINGでボトムタッチがしにくい流速スピードなら
だいたいはGHOSTでカバーできます。
フォール姿勢の良さ、そして微波動。
魚からの反応がこちらに偏ることもしばしば、、、
image0ブログ

そしてこのグラスキャットってカラーがかなりやばかったりする。
image1ブログ5

bit-Vは微波動系に反応しない時、もしくはGHOSTでもボトムタッチがしにくい時に使用します。
樹脂バイブに比べると当然フォールが速く食わせの間は狭いが
鉄板バイブの強波動が効く時もあるのでローテーションには欠かせなくなっています!
IMG_0683.jpg

これらが自分の低水温期の攻略法になります。
バイブレーションでの釣りを結構苦手とされている方も多いと聞きますが
このフォール中のバイトを体感すると病みつきになるので
是非皆さんもこの3種類のバイブレーションを使い分けてアフターシーバスを追い求めてみて下さい!
image1-2.jpg
関連記事
ホーム