夏本番!イナッコパターン攻略編

こんにちは、APIA広報の中井です!

今回は8月に差し掛かろうかといところで真夏のシーバス攻略イナッコ編をご紹介。

自分のメインとしている大阪、兵庫エリアは昼夜問わずイナッコパターンになります。

デイゲームではストラクチャー周りで、ナイトゲームでは小規模河川の水路など
イナッコの溜まっているエリアを見つけることができると釣果に繋がります。

潮周りより時間(朝マズメ、夕マズメ)の薄暗いタイミングに大量のイナッコが、
水路などに出入りするタイミングが地合となります。

そんなときに楽しいのが
ARGO(アルゴ)105での水面炸裂ゲーム♪
転々とあるイナッコボールに単発ボイルするシーバス。
デイゲームではドッグウォークを軸に動きの幅やスピードを変えながら誘っていくのが◎
不規則に出るスプラッシュも効果的です!
S__1957909.jpg

ナイトゲームでは表層を意識しているシーバスに対して
V字波紋を出しながらアクションは付けずにゆーっくり巻いてあげるだけで
S__1957915.jpg
がんがん下から突き上げてきます♪
反応がなくなれば、巻いている最中に少しティップで弾くようなアクションをつけてあげると
きれいなV字波紋からベイトが追われて逃げた時のような波紋を出すことができるので
魚からまた違った反応を得ることができる時も!

デイゲームだけじゃなくナイトゲームでトップに出ると、昼間とはまた違う雰囲気を楽しめますよ!


しかし、小場所になればなるほどベイトが集まりすぎてイナッコ絨毯になってしまい
トップウォーターでは針に引っかかってしまう場面も・・・
ボイルは乱発しているけどなかなか釣れない・・・

そんな時はDover70F Shallow Runnerがかなり効果的。
S__1957902.jpgS__1957904.jpg
表層に溜まるベイトの群れのちょい下を激しめのウォブリングで誘ってこれるので
10cm程度のイナッコの中でも十分アピールすることができます!
S__1957910.jpg

この夏場に必須のアイテムとなります!!

また、都市型河川などでは壁際のシェードを攻めることも多くなります。
Dover82Sはジャークさせても良し、巻いても良しで汎用性の高いアイテムです♪
足元までしっかりレンジをキープして引いてこれるので足元から水深のあるエリアにこちらも欠かせないルアーとなっています。
リアのアイがオフセットシステムになっているのもアングラーにとって優しいところ!

S__1957905.jpg

今年もかなり暑くなりそうですが、皆さんも熱中症には気をつけて夏のシーバスゲームをお楽しみ下さい!


関連記事
ホーム